2011年08月25日

フジはサファリパークやぁ!

フジテレビに対してのデモが最近ありましたが爽快ですね。
私の気分が爽快です。時代に適合できない既得権益者層が
時代の手によってつぶされるのもありますが今回は
教養がある「一般人(主役)」が能動的に潰してきました。狩にきました。
おもしろいおもしろい。インターネットが普及した当時、新興IT企業が
教科書にも載るほどの大大名の土地を買い上げたのを知り興奮したものですよ。
一般人が日本を停滞させている既得権益層を打ち破る一手があることを知りましたからね。
しかし、今とは違いパソコンは当時とても高価であり、IT企業の長者たちは
幼い頃にパソコンをいじれた家庭生まれ(結局金持ち)という事実を
知り少し落胆した覚えもあります。しかしいまやデモどころではなく革命もできる
威力のあるツール。各メディアならず搾取することしか考えないヤツラは
ロビー活動して規制しようとして裏でなんかやっとりますがそう簡単に抑えられないでしょう。
愉快愉快。既得権益なんてものはぶっ壊すためにあるものですからね。
こっちはお金持ちのお上品なヤツラとは違い「身軽」ですからね。
戦国時代の幕開け時にもっとも粗暴で活躍したのは鎧をつけず身が軽い
足軽でしたし現代でもそんな身軽なやつが活躍するかもしれません。
posted by ひきひき at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

やる気を奪う家族_エネルギーの吸い取り

私の家族は教養がない。私もそうだ。
その場での最適な行動というものがまずとれない。
一例として家庭でもよくある出来事で示す。

改めて指摘するが私の家族、母はうつ病で気分があがるときとさがるときがある。
姉は気分屋でお腹すいたというだけで叫び泣き不機嫌になり人に八つ当たりをする。
こんな家族内でよくある出来事が、母・姉が共同で私を不愉快させてはいけない、
やる気を削いではいけない場面でそのような行為をするのである。
家でゴキブリなどの害虫がでると処理をさせられるのが私である。
私も害虫は嫌いなのでスプレーで追い詰め、ゴミ袋に入れるまではとても嫌な気分になる。
しかしその行為中に母、姉は私を罵倒するのである。本当に。
まず私が害虫としとめようとしていると異変を感じた母が来て惨状を見て文句を言う。
有毒なスプレーがかからないよう、害虫を捕まえられるようにあたりの物をどかすの
だが母はそれが気にくわないらしい。母「なんてこんなこと汚いぱらぷれぷおっぱっぷーafdjfjoiwaherfbgvjab」と爆発するのだ。だがこれで終わりではない、
味方からの背後射撃は止まない。姉が言う「ちゃんとつかまえろよー」それに私が
言い返すと姉がわめき叫び奇声を発する。文句の二重奏。

不快な思いをし緊張状態のさなか母・姉から
文句を言われ、言い返すとさらに文句を言われる悪循環。こなような時なぜか
母は下げマンだなぁ、とひしひしと感じいるのである。このような行為は
父が堕落しまくっているのもとめられれず、悲劇のヒロインよろしく甲斐甲斐しく
尽くし(た風に)父のいいなりになり選択を誤ってきた母ならではなだなと思う。
うつ病以前にもこうだったのである。つまり夫の手綱をにぎり操縦する立場なのに
それができなかったのが母なのだ。原因・責任は母だけのものではない
私は「生まれ」が重要だと感じた。母も典型的な暴力酒飲み金遣いの
荒い博打好きの父の元に生まれてきたのだ。高校卒業できたのが「奇跡」と母自身も
言い放っていたほどの貧乏家庭に生まれたのだ。
姉はむかしから気分屋でバカだ。腹がすいて不機嫌になったから、
との理由で人を殺してもなんら不思議ではない。

話しが横道にそれたがなんにせよこの母・姉の背後からの射撃というのが
昔からあり大変な目に遭っている。普通の家庭なら上記のような行為はしないだろう。
「頑張って」なんて言わなくても害虫処理をしているのだから邪魔をしないように
大人しくするぐらいの教養はあるはずだ。なのに私の家庭はそれが絶望的にない。

教養がなくてもそれなりの場の雰囲気を読むくらいはできて欲しい。
タグ:家族
posted by ひきひき at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする