2011年12月08日

支援者と被支援者の入れ替わりと感覚のズレ_NPOの価格破壊な便利屋業

おかしい。ひきこもり・ニートを支援するNPO(法人含む)は
なぜ就労支援セミナーばかりを開くのか。
狭い選択肢の中、それも一昔前の常識の内で行動しているように感じる。


■安くつかって「支援」アピール
とあるNPOがひきこもり・無職の方を対象に便利屋業を
させる活動をしていた。
ポータルサイトニュースでもとりあげられていた
その記事を読み、真っ先に感じたことは
「ウケがよい言葉並べて安くこきつかってるな」だ。
NPO側としてもひきこもり自助・支援をうたっていたので
サポート・オブザーバーとして心理関係のプロがついているのだろう。
しかし、あまりにもお粗末すぎる内容であった。

■相場の半額で活動
活動地区は施設の周辺。
対象は人手が足りずに困っているお年寄りが対象。
人員は引き篭もり・無職など就職活動支援をNPOから
受けている途中の方達だ。

便利屋業務を通して地域の方と交流し、
人との接し方を学び、仕事を完遂させ
仕事への恐怖感を下げさせるのが目的と思われる。
とても良い活動だとは思う。
だが業務として行うのに重要な箇所で間違っていた。
そのNPOでは相場の半額程度しか受けとっていなかったのだ。
まさか「就職できない、続かないこいつらにはこの程度の料金で大丈夫ですよ」
と被支援者を便利屋として扱わないからこそ、このような
舐めた態度をとっているとは考えたくはない。
しかし、そのような臭いはする。

■自営業者を阻害させる行為
正規とされる料金を大幅に下げるのは
業者間における暗黙の了解を破るのと同義。
値下げ競争まっしぐらである。
便利屋は大抵は少人数で構成されている自営業者ばかりだ。
例のNPOはこれらを潰しにかかっていると思われても仕方がない。
ここまで値下げをできたのは安くつかえる
人員が集まっていたからであり、ノウハウ上の差によるものではない。
NPO側としてはいくら儲けたかわ重要ではなく
「どのようにして被支援者が活動しているか」が重要であるのだ。
便利屋業でおまんまを食べている方達にとっては
迷惑行為なのである。
続きを読む
タグ:NPO法人 NPO
posted by ひきひき at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひきこもりについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

精神科に行きたくても行けない引き篭もりもいるんだよ。行きたくないのに連行される引き篭もりもいるけれど。

あれこれと実生活には関係ないことを考え、勝手に結論づけ
そして結論の周囲にある枝葉のように付随される諸問題を考える。
考えるだけ考えてなにも成果も生まず、文章にさえしない。
日にちが経てば忘れる。
しかし、また似たような問題を考え展開し、収束させる。
頭の中でだけ。

上記のような思考は「引き篭もりあるある」のひとつである。
黙考できる時間がある引き篭もりは思考のループにはまりやすいのだ。
引き篭もりである私も当てはまる。

堂々めぐりの考えが頭の中にあふれる。
暇つぶしの記事にはなるだろうと、文章に
しようとするが、なかなか実行できない。


無気力とはいえないなにか変な心もちになる。
自分のブログの更新記録をみると納得がいく。
どうやら私には「波」がある。極端な心のゆれ、波が。
「躁うつ」かただの「無気力」であるかどうかは判別がつかない。
精神科にでも行ければよいのだがそれもできない。
パソコン上でメモ帳(terapad)を開いて真っ白な画面を
見て下書きを少しはするがすぐ手を止め閉じる。
どうしてこう「やる気」「覇気」というものがないのだろうか。


親が寝たあとにこっそり通院できる
無料の精神科・心療科病院や施設があれば
どれだけの引き篭もりが助かるのだろうか。
たまに想像する。
posted by ひきひき at 02:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひきこもりについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

ボトしょん

ペットボトルにしょんべんをするボトしょん。
やってみるとわかるらしいが実際にすると「ボボボボボ」と音がでる。
深夜、家族に気をつかうヒキはペットボトルに布団を巻き放尿による
振動を抑え音をなるべく出さないように用を足す…らしい。
家族にみつからないようにこっそり行けばいいのに。

また、とあるヒキボトラーは1日で溜まった中身いりボトル
を窓から隣の空き地に投げ、飛距離により調子が良いかどうかを
計っているらしい。
なんという無駄知識。
posted by ひきひき at 01:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひきこもりについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする